2013年12月06日

googleカレンダーの安全な使い方

みなさんはもうお使いですか?

非常に便利な「グーグルカレンダー」。


何が便利かってまずは、パソコンやタブレットなどのデバイスを使って、Googleカレンダーにスケジュールを入力・保存すると、iPhoneのカレンダーでも瞬時にスケジュールが更新されます。

「同期」ってやつです^^。


iPhoneのカレンダーから直接入力するよりも、パソコンのキーボードを使って直接入力するほうが、すばやく簡単に操作できますから(笑)


さらに、他の人とカレンダーを共有できるのも特徴。で、コレが非常に便利なのです^^。


会社やクラブ、サークルのグループや家族とかとカレンダーを共有しておくと、誰でも予定を書き込めて、さらにリアルタイムで共有されます。

共有したカレンダーも、iPhoneのカレンダーから確認できて大変便利です^^。


さらに、さらに、データがGoogleのサーバー上にあるので、もし、iPhoneやパソコン、タブレットなどのデバイスが壊れてしまっても、カレンダーのデータ自体が消えてなくなることはなく安心です。


ただ、問題は、カレンダーの情報が漏えいする・・・他人に漏れる可能性も否定できません。


そこで、この便利な「Googleカレンダー」の安全性を高めるための方法を実践することをオススメします。

そんなに難しいことではなく、下記のことを常に意識し、使用すれば大丈夫ですよ^^。


1、GoogleカレンダーにはURLを記述しないこと→リファラに限定公開URLを残さないため

2、何らかのWebサービスを使用する場合、そのユーザ名はTwitterアカウントなどのように公開している名称と同じものにしないこと→ユーザ名が簡単に特定されてしまうため

3、ビジネスや仕事に関する予定はGoogleカレンダーに登録しないこと→組織や顧客に迷惑をかける可能性があるため

4、自分の行動を示すライフログ系の内容をGoogleカレンダーに登録しないこと→何曜日に留守にしている等の行動パターンが他人に漏れるため

5、限定公開URLは定期的にリセットすること→漏えいのリスクを減らすため


以上のことに注意すれば、上手く安全に使えますよ^^。

便利なGoogleカレンダーを安心して使う方法でした!




posted by あっちゃん at 10:30| IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。